ガツンとくる、こってりコクウマ系『牛もつ鍋 おおいし』 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/05/26 01:20 】 |
ガツンとくる、こってりコクウマ系『牛もつ鍋 おおいし』
昨年オープンした「牛もつ鍋 おおいし」

何度も行くチャンス、というか
予約までして飲み会の予定があったのですが、
その都度、私が体調を崩し、
飲み会自体がキャンセルになるという事が2度続きました。

お店との縁がないのかなぁー


だいぶ時間が経ちましたが、
3度目の正直ということでやっとの訪問!!




場所は、昨年新店舗オープンが目立ったオバマ広場(嘉頓広場)






「おおいし」は3階になります。





掘りごたつ式の座敷になっていて、
仕切りもあり、ちょっとした個室になっています。




お通しにもあった「酢もつ」ですが、
おすすめメニューとして単品での「酢もつ」を。
若干味付けに違いがあったような、なかったような(笑)


メニューには一通りの居酒屋メニューのラインナップが揃っていて、
実際には他にもおつまみは頼んでいますが、なぜかトキメキを感じない・・・



そんな中で唯一「キュン」としたのが、
店員さんが一生懸命推してきたこちら



「あちゃら」???


正直、注文の時点で、どんな料理か全くわからず、
店員さんの一生懸命さと名前の雰囲気に対して「キュン」です(笑)


あとで調べてみたら、
「アチャラ漬け」というのものがあり、漬物の一種。
トウガラシを加えた甘酢に野菜をつけたもので、南蛮料理の一種だそうです。




要するに・・・




「南蛮漬け」ってことね・・・





てっきり、店員さんの日本語の問題だと思い込んでいました。
ごめんなさい・・・

でも、「南蛮漬け」と言ってもらった方がピンときます。






さて、最初はビールを飲んでいましたが、
焼酎ボトルを注文し、鍋を頂く準備は万端です。





お料理の値段に比べると意外にお酒は安いかも。






さーお待ちかねのもつ鍋です。





もつ鍋(味噌) 1人前120元


注文は2人前から。
スープは、味噌味、醤油味、韓国風チゲ味の3種類から選べます。
今回は、やはり味噌!!


4人で食べていたのですが、追加で具材を頼めるので、2人前を注文です。



まずはスープを一口。



インパクトがある濃厚なこってりスープがたまらないです。





そして、もつ自体も





こってり系の部位を使用しているので、
スープとお肉ともにガツンときます。




人によっては、好みが分かれる味でしょうね。

これはラーメンと評価でよく割れる
あっさり派とこってり派で
好みが分かれる話と一緒ですね。




私は両方イケる口なので、こちらのもつ鍋


大好きです♪








店員さんに別途お願いすると、

「柚子胡椒」と「唐辛子味噌」 

で味を変えて頂くことが可能です。








〆にはラーメンを入れて、
追加の具材で「もやし」も入っていたので、

まさに、

味噌ラーメン、そのもの!


濃厚味噌スープがピッタリ!!








:::【お店データ】:::::::::::::::::::::::::::::::::::


  牛もつ鍋 おおいし

  

  住所: 長寧区延安西路2088号嘉頓広場3階(×伊犁路)地図で確認
  電話:150-2189-9033
  営業:17:30~23:30
  予算:300元くらい


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ランキングに参加しています。応援お願いします♪
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/04/10 23:23 】 | 食べ歩き 和食 | 有り難いご意見(0)
<<北海道料理 ふる郷 味噌ラーメンなかなかイケる! | ホーム | 響家 隠れ家的高級焼肉店>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]