腰痛でもアテンド、気持ちがいいところへ・・・ |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/08/19 10:35 】 |
腰痛でもアテンド、気持ちがいいところへ・・・
ここ2,3日で腰の状況は少しずつよくなっています。
(正直、ホッとしています。このまま不自由だと・・・)


腰が痛かった時でしたが、アテンドがあり、
どうしようかと考えていました。

仕事関係のアテンドではなかったので、
断ろうと思えば断ることも可能。


でも、せっかく出張で上海に来て、
休みの日に逢いましょうと声を掛けてくれたのだから。


今まで、上海各地の観光地へ連れて行ったり、
シミュレーションゴルフだったり、
当然食事やカラオケ(KTV)なんかへも連れて行ったりはしました。



行先については、完全お任せコースとなるわけですよ。



じゃー気持ちいいところにするか。




男2人で・・・・と言えば・・・











『極楽湯』です♪




私の腰の状況を伝え、ごめんねと言いつつ、


お風呂でマッタリするという今までにはないアテンドを(笑)




でも、これがまたなかなか好評でした。


お風呂にゆっくりつかって、

いわゆる「裸の付き合い」で、

お互いの近況などの情報交換。






風呂上がりのビールも最高ですしね。

火照った体に冷たいビール!!



腰を考慮して、最初のビールだけにして、
あとはソフトドリンクを飲んでいましたけどね。




昼飯として、






ツマミながらの会話も弾みます。






今回食べたものでは、このししゃもが一番無難だったなぁー










お好み焼きの中に、イカとか海鮮系が入っていたので、
どうもソース味の「チヂミ」としか思えなかった。








この日の客層は若者が多く、

隣のテーブルの女の子たちが食べていたものが

気になってしょうがない。




えい、食べちゃいます!!





チョコレートパフェ

私一人で食べていたのですが、

いい年のおっさん2人のテーブルに存在するはずもない一品が。
(私、一人での時でも食べますが。。。)




食事の後も、岩盤浴で汗をたっぷりかき、

そしてまたお風呂へ。

なんとものんびりした休日を過ごしましたね。
(アテンドであることも忘れつつもww)


だいぶ腰にも良かったようです。





ということで、

こんなアテンドいかがですか!?




「極楽湯」は2号店の開店計画があるようで、

浦西側にできるとのことす。

非常に期待です♪



あと、プチ情報ですが、

以前は、24:00までだったと記憶していましたが、

現在は、25:00まで営業しているようです。




:::【お店データ】::::::::::::::::::::::::::::::

  極楽湯 碧雲温泉館

  

  住所: 浦東新区新金橋路600号
  電話:021-3875-1245
  営業:10:00~25:00
  入館料:128元

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


エロを期待された方、スミマセン・・・
それでも、ポチッと押して頂けると助かります
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2014/05/23 20:15 】 | 上海生活 | 有り難いご意見(1)
<<4月にオープンの 中山公園『鶴雅』 | ホーム | 5月21日 CICA会議のささいな影響>>
有り難いご意見
もうひと押し☆
うーむ。。
あともう一声! エロく書いてくれなくちゃ~(笑)

って、どこへ向かうのを期待してるのかw
【2014/05/26 03:29】 | URL | 蜜 #8d218daa3c   [ 編集 ]
Re:もうひと押し☆
蜜さん

目指している方向性が違うので・・・(笑)
【2014/05/26 20:27】


貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]