食べ歩き韓国6(2日目) 歩き疲れた後のビックリ昼飯 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/10/20 03:26 】 |
食べ歩き韓国6(2日目) 歩き疲れた後のビックリ昼飯
まだまだ続きます。
[食べ歩き韓国5(2日目) 水原華城] の続きです。








「華虹門」からはちょいと登りです。
やはり雪道は辛い。




こういう景色をみると
スケールは違いますが、万里の長城の雰囲気に似てますよね。





「東将台」
錬武台とも呼ばれ、兵士の訓練場だったようです。
近くにはアトラクションとして弓打ちを体験できるところもありました。





「東北空心ドン」
レンガを積み上げた塔になっていて、




入り口から入ると





ちょっとしたダンジョン気分。




城外の様子を伺う見張り台なんですね。





「蒼龍門(チャンリョンムン)」
四大門の4個目、東門となります。




あとは、比較的めぼしい建物はなく、延々と城壁と所々に、
壁をよじ登ってくる外敵へ攻撃するための場所だったりがあります。




こちらはのろし台。
今でも毎日12時にのろしを上げるそうです。
この時点ですでに12時は過ぎていました・・・




東側の最後の建物ですね。





下りの階段が辛い・・・
完全に凍っているんですよ。





「南水門」
「華虹門」と対で存在する水門です。
ここを渡って、町並みを抜けると。





スタート地点の「八達門」へ。

これでやっと、1周です。
ネットのガイドなどでは、2.5時間くらいと書いてありましたが、
足元が悪かったせいもあるとは思いますが、3時間半くらい掛かりましたね。
私の場合は写真撮りまくりながらというのも時間が掛かる要因でしょうけど。





さて、歩き疲れてお腹も空いたことなので、
プラっと町歩きをしながら、食べ物の物色を。






ここはチキン通りのようです。





適当にこちらのお店へ。




店先で揚げているのが見えたので、
唐揚げ屋だと思ったので、入ってみました。





注文前ですが、有無を言わさず、セットが出て来ました。





メニューがオールハングルだったので・・・

オロオロ






とりあえず、分からないので、
一番上のメニューを指さして注文することに。


たぶん、唐揚げでしょうと山を張って(笑)





あとはビールも(これくらいは韓国で言えるので)








歩いたあとの昼からのビール!!最高!!

先に出されたサービスつまみをつまみつつ。











すると










来ました。頼んだものが・・・


















ドーン







なんじゃこりゃ。











確かにこれは「唐揚げ」に間違いありませんが、



想定した量ではありません。














確かに私よりもあとに来たお客さんの様子を見ると、
家族で、3,4人で、1品か2品を頼んでいます。

















でも、食べちゃいましたけどね









つづく







よく食べたねーっと、ポチっとお願いします(笑)
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/03/04 00:59 】 | 旅行 | 有り難いご意見(0)
<<食べ歩き韓国7(2日目) 水原からソウルへ | ホーム | 食べ歩き韓国5(2日目) 水原華城>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]