桂林旅行 その9 蘆笛岩 鍾乳洞 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/08/24 17:32 】 |
桂林旅行 その9 蘆笛岩 鍾乳洞
前回の 桂林旅行 その8 両江四湖遊覧 の続き


4日目(最終日)です。
この日は朝からの雨・・・

天気に呼応するかのように、気分がどんより。
せっかくの旅行と言えど、雨の中は・・・


とりあえずホテル近くで、朝ごはん。





またもや、米粉です(笑)

でも、馬肉粉というものが気になっていたのです。




目玉焼きを乗せて、9元。
ちょっと高いですね。

本当に馬の肉だったのかもなんか微妙。

でも、米粉自体はやはりおいしく、なかなかイケます。





ホテルに戻り、チェックアウトの12時までダラダラと部屋で過ごし、
やっと重い腰を上げて、まずはチェックアウトすることに。

荷物をフロントに預けて、いざ最終日の観光に出発!!





ホテルの周りには、タクシーが結構止まっているので、
初日に行けなかった「蘆笛岩」へ連れて行ってもらえるか再アタック。


初日のように断られることなく、無事連れて行ってもらえることに。
そこで、タクシーの運転手(おばちゃん)から提案。

今日が最終日で、夜便で帰ることなどは会話済みの状態で、
おばちゃんは、帰りの空港までの送りを含めて、
「180元でどうだ」と。
市内の観光地なら行きたいところに好きなだけ連れていくと。



初日に空港からホテルまで120元だったことを考えると。
あと60元で市内観光か。悪くない話だと思い、交渉成立!!




そして、いろんな観光地の提案などを受けるが、

とりあえず、まずは、予定通り、「蘆笛岩」へ!!





タクシーのおばちゃんは駐車場で待っているから、
必要があれば電話くれと名刺をもらう。
料金も後払いでよいと。とりあえず信用できそうです。








「蘆笛岩」の入場料は90元。

全長2kmにも渡る巨大鍾乳洞です。
十数人のグループごとにガイドが付き、ルートを巡っていきます。




初日に行った鍾乳洞に比べ、
やはり高さと奥行きが違います。

そして、相変わらずの幻想的な照明。
これはこれでアリだなと思いつつ、
自分の眼で見た感覚と写真の写り具合の違いは明らか。

そして、肌で感じる湿度や温度などは
やはり行ったものにしか分からない感覚。







とにかくすごい広いんです。
ここは地下帝国ですか?
と思うくらいの空間です。






地底湖の水面に反射して、神秘的な感じの景色にうっとりです。
本当にここは綺麗だった。

のんびりとぼーっとここで過ごしたい気分でしたが、
グループでの移動があるので。。。









奥へ進むと別料金のエリアが。
たかが5元ですけど、お金取るんかい!?
(払いましたけど・・・)





お金を取る割には・・・
それほど変わらないような・・・
しいて言えば、きめが細かい鍾乳洞(ひだが多いというか)かな?

あとは、



亀が居るくらいかな。
気温は一定だろうし、快適なんだろうな(笑)





やっぱり鍾乳洞って好きだなー
長い年月をかけて自然に出来たものですからね。

カラフルな照明は置いておいたとしても、
神秘的、幻想的な空間であることには違いないです。








出口には待ち構えているかのように、
お土産物屋さん、これは観光地の宿命ですね。


鍾乳洞には全く関係ないようなものもたくさん売ってます。
でも、思ったより比較的安いかも。




さて、もう少し続きます。








ポチっと応援お願いします。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/05/22 00:41 】 | 旅行 | 有り難いご意見(1)
<<桂林旅行 その10 象山公園 | ホーム | 桂林旅行 その8 両江四湖遊覧>>
有り難いご意見
たぶん
ここ、行ったことあります。
地底湖のような風景が幻想的だった記憶があります。
インディジョーンズになったような。
【2013/05/22 23:40】 | URL | chinausa #2889516ee4   [ 編集 ]
Re:たぶん
chinausaさん

たしかにインディジョーンズか、川口探検隊ですね(笑)
色とりどりの照明の影響か、私はゲームの世界のようにも感じました。
ファイナルファンタジーのような幻想的な世界観を。
【2013/05/23 00:49】


貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]