10元の芸術品 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/11/19 22:47 】 |
10元の芸術品
豫園ランタン祭 の帰りみち

辺りのお店はすでに閉店して閑散としたエリアに、

明るく輝き、人が集まっている露天を発見







飴細工の露天です。




店頭には、ウサギや龍などの(たぶん)干支を
かたちどったものなどが並べられています。


そして、1本が10元!! 安い。

日本などで飴細工というと、500円から1000円くらいは最低します。
でも、日本の飴細工の場合は、練り物の人形的な飴細工が多いかな?






お客のリクエストにも応え、




今年の干支の巳(蛇)を作っていました。






筆(?)、飴さばきに迷いはなく、
あっという間に完成


この熟練の技を目の前で見ることが出来て、10元は安いなぁー
チャイナプライスですね。


あ、私はただ見ていただけの写真撮り逃げ野郎ですが・・・









ポチッとお願いします!!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/02/24 11:47 】 | 上海観光 | 有り難いご意見(1)
<<【南翔】 2013年古猗園ランタン祭 | ホーム | 豫園の2013年ランタン祭>>
有り難いご意見
無題
そうそう、すごいですよね~
下絵もないんだもんな
【2013/02/24 11:54】 | | はやいき #534a2bd758   [ 編集 ]
Re:無題
はやいきさん

>そうそう、すごいですよね~
>下絵もないんだもんな
そして飴として成立する為には、全部がつながってないといけないですしね。
まさに熟練の技、芸術だと思います。
食べるのがもったいない感じがします。
【2013/02/25 01:46】


貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]