中山公園にやってきた『上海爛々亭(2号店)』 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/10/17 13:10 】 |
中山公園にやってきた『上海爛々亭(2号店)』
横浜家系のラーメンで有名な『爛々亭』
が中山公園に出来たというので、
これは行かないとね!!


場所は、駅に直結している「玫瑰坊商場」の2階


「屋台横丁」というエリアが出来ていて



日本料理屋などが店舗を連ねています。

入ってすぐ右手に




『上海爛々亭(2号店)』がオープンです。





まずは、餃子でビールをグビッとして、ラーメンを待ちます。


ちなみにラーメンの注文の時には、
「麺の硬さ」「味の濃さ」「香油の量」
をちゃんと聞いてきます。






来た来た、家系豚骨醤油ネギチャーシューメン

どなたかのブログで、「味が薄いかも?」なんてあったので
「味濃いめ」で、あとは、「普通」で頼んでみました。

まーもともと濃いめ系が好きだっていうのもあるのですが・・・






ネギがたっぷり乗っているので、
かき分けて麺に到達するのが大変(笑)

また、ネギが冷たいので、スープの温度にも影響が
もしかしたらあるかも知れないですね。
(要するに、写真に時間を掛けてないで早く食えとw)


麺は太麺系なので、自分の好み、
スープは濃いめなのはOKですが、
コクという部分では、なんかもう一つ物足りないかな?
浦東にある1号店と比較してどうかというと
はっきりとした違いがあるようには感じないのですが・・・
(食べるの久しぶりなので、ちょっと自信がないです。)


でも、十分満足なレベルだと思います。



わざわざ浦東まで行かなくても、浦西側で食べられるのは
非常にありがたいです。



ただ、心配なのは



こちらの「屋台横丁」が閑散としてます。
さすがに冬だから寒空の下で食べるという気分にならないのは
分かりますが、活気がない感じがして・・・


あと、店も22時までというのも、早い気がしますね。

実は、「玫瑰坊商場」のメインの入口がしまってしまうのですが、
遅くまで出入りするところはあるそうです。

ただ、周りのお店がしまってしまうので、
その時間に合わせて閉店せざる得ないとのことです。

お店の人の話では、22時に飛び込んで来られても、
対応しますよとのことです。




:::【お店データ】::::::::::::::::::::::::::::::::

  上海爛々亭(2号店)

  

  住所:長寧区長寧路890号 玫瑰坊商場2F 地図で確認
  電話:021-6226-5997
  営業:11:00~14:00、17:00~22:00
  予算:80元くらい

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ラーメンの好みは本当に人によって差があるから難しいですよね
いろんな方のブログ(お店情報)でのご意見をご参考に!!

 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/12/04 19:50 】 | 食べ歩き ラーメン | 有り難いご意見(1)
<<お得なコースがあるというので『焼肉 華々』へ | ホーム | 『来(らい)』のバッテラがウマかった♪>>
有り難いご意見
無題
ぎゃーーー!!
これは嬉しいデス。
でも、深夜ラーメン好きな私としては、閉店が早い
のは悲しい。。。
早速近いうちに行ってみます。
【2013/12/05 01:06】 | URL | Kii #46b52ef851   [ 編集 ]
Re:無題
Kiiさん

やってはいけないと思いつつも「深夜ラーメン」いいですよね(笑)
飲んだ後の2軒目3軒目でラーメンで〆る。
こういう使い方には向かないかもしれませんが、
浦西側に出来たのは、うれしいですよね。
【2013/12/05 08:29】


貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]