『 もんじゃ 蔵 』から梯子して、『 江戸っ子ラーメン(拉麺) 』 へ |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/03/26 04:35 】 |
『 もんじゃ 蔵 』から梯子して、『 江戸っ子ラーメン(拉麺) 』 へ
前回の記事の 

 名都城近くの韓国料理街で、なぜか『 もんじゃ 蔵 』へ


のつづきです。



『 もんじゃ 蔵 』で〆のごはん系を食べなかった思考。

ある打算とは・・・

お近くのラーメン屋が気になっていたのです。


ただ、その気になり方も、どちらかというとマイナス方向で(笑)


でも、意外に・・・


もしかしたら・・・


なんて考えも・・・


そういうときは、実食あるべし


なんてネタ作りに貪欲なんでしょ(笑)



その気になったお店というのがこちら




『 江戸っ子ラーメン 』


あとから調べてみると、
いろんな方がブログで紹介しており、評判がいいんですよね。



入った瞬間あれ? ここ韓国のお店?

テレビで韓国ドラマがやっています。

ここらへんは韓国料理街となっているので、
韓国人のお客さんが多いからなのかなぁと思いました。

すぐに誤解は解けました。
ただ単にNHKを放映していて、その時たまたま韓国ドラマがやっていただけです。

早とちり、早とちり。

私、先読みをすることが多く、
先入観が判断を間違わせてしまうことが多々あります。
気をつけないとね。







とりあえず、







ウーロンハイ


まだ飲むんかい(笑)


もんじゃを食べながらも、そこそこ飲んでいるはずなのに。

なにか喉を潤すものがないとね(笑)




メニューのトップに書かれていた お勧めメニュー から2品ほど注文!!




まずは、





餃子です。

まずまずな感じです。
(あくまでお次のラーメンと比較しての話です・・・)







そして、





味噌ネギラーメン(45元)



出来るだけ大人な表現をします。

個性的なお味です。

私の口には合わなかったようです。

この日は調子が悪かったようです。(私が?それともラーメンが?)









あくまで個人的な感想です。

スープにコクがなく、味噌汁っぽい。
それも薄い味噌汁のような感じ・・・

麺にコシがなく、見た目も白いし、
インスタントラーメンの麺のように感じてしまいました。


個人的には、こってり・味濃い系が好きなのも事実で、
味覚の不一致があることはよくあることです。

もしくは、チャーハンとか炒め物系を食べた方がよかったのかもしれません。






ただ、なんとなくの予感はやはり的中でしたね。



実は店外の看板を見たときから気になっていたんですよね。








なんか違和感があるんです。












長崎チヤソポソ

よくある日本語間違いですね。












_口ヒレカツ


アンダーバーになってます・・・・




ちなみにどちらも店内のメニューは正しい表記になっていました。

看板を作り直すのは大変なんでしょうね。









:::【お店データ】:::::::::::::::::::::::::::::::::::


  江戸っ子ラーメン(拉麺)

  

  住所: 閔行区翠鈺路9号(古羊路と紅松東路の間)
  電話:021-6401-2157
  予算:100元以内


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




励みになります。是非ポチっとお願い致します。
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村    上海(海外生活・情報) ブログランキングへ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/02/01 02:44 】 | 食べ歩き ラーメン | 有り難いご意見(0)
<<炭で焼くねん 誠家 | ホーム | 名都城近くの韓国料理街で、なぜか『 もんじゃ 蔵 』へ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]