黄山旅行 その5 世界遺産「宏村」 その後はヒマヒマ |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/11/19 23:08 】 |
黄山旅行 その5 世界遺産「宏村」 その後はヒマヒマ
前回 黄山旅行 その4 老街では、スリスリ の続きです。

旅行最終日3日目の話となります。


3日目は、世界遺産「宏村」

ホテルから車で1時間半ほどの移動。




明清代の古い建物が存在し、

そこに今もなお、普通に生活している村落。

まーそうはいっても、世界遺産になることで、

すっかり観光地化してしまっている部分は否めないですが・・・





村の全面に大きく広がる南湖。

村の至る所から水路でこちらの湖に流れていきます。






至る所で元気に泳ぎまくってますが、その反面・・・







至る所でも干されています・・・

みんな食べちゃうのね・・・







先ほどの水路というのがこちら、村全体に張り巡らされていて、

水の流れる方向を見れば、出口が分かると!


所々に水路の上に小さい橋のようなものがありますが、

ここで洗濯をしたりするだけでなく、

この道を馬車が通る時に、回避場所としても利用するらしい。







建物の特徴としては、窓が少なく

採光の為に天井が四角く空いている。(っていうか、雨とか降ったら・・・)





窓がある場合でも、このように小さく。

昔の男性が強かった時代(今はすっかりwww)

女性が外を出歩くことはなく、また外からも見られないように、

という意味もあって、窓が少なく、小さいとのことらしい。


中には現代的なサッシを入れてしまっている家もあるのですが、

世界遺産になってから、後悔しているとか・・・

古き良きを維持するのも大変ですね。








こちらは、村中央に位置する月沼

半月型なっていて、実は村全体が牛のイメージになっているのですが、

こちらは胃袋のイメージとのこと。


半円の根元のところには、

今でいう会議所や公民館といった意味合いの建物が。



そしてその建物の前には、なぜか・・・



ずらっと並ぶ豚の足が干されています。

これはちょっと圧巻!!

干し肉系は、正月の準備でもあるんでしょうかねー









この日の昼飯はこちら






今回このお酒はツアーに含まれているとのこと。

昼間っから、紹興酒を飲みながらの食事です♪






お料理の方は、素朴な農家料理

これがまたいい感じ。

本当に料理にハズレがなかったなぁー





食後にも「宏村」内の観光スポットとなっているところへ。

商家であったり、村の地主的な大きなお屋敷だったり。




当初予定を2時間くらい超えて、屯渓まで戻ることに。





実はこの後は、全くの自由時間。

というか、飛行機がかなり遅い便なので、

相当に時間を潰さなければならない。






とりあえず、




屯渓を大きく流れる「新安江」の東の方から、

川沿いをのんびり歩くことに。








黄山に関わる昔の偉人達を描いた大きな壁







綺麗に整った遊歩道があったり、なぜか水車があったり、








人のみ通行可能なつり橋なんかも、ぶらぶらしてみたり。

かなりがっしりした橋ですが、何気に揺れたりもします。

あと、完全に人のみで、ペットの通行もダメみたい。










前日にも行ったマッサージ屋にも(笑)

前回は、足マッサージでしたが、今回は全身。

ちなみにここはスパみたいにもなっていて、

お風呂に入ることも出来たようですが、

さすがに今回はマッサージだけでいいやと。










いい時間になったので、晩御飯。

老街にあるお店で「美食人家」

事前にガイドさんにおすすめを聞いておいたのです。
(3日目の晩御飯はツアーに含まれてなかったので)





なかなか広い店内にも関わらず、大繁盛♪








料理を見て、値札に書かれている番号を






オーダーシートに記入するシステム








当然ビール行きますよね♪











うどんの入った牛肉がほんのり酸味があって、ピリ辛で

食べた中で一番うまかったかも。








焼き餃子や小龍包も。

これまたなかなかイケる。








ちまきと竹包み菜飯などのご飯ものも。
(ちょっとこの分は多すぎたかもw)




2人でこれだけ食べて、一人60元くらいという

なんとリーズナブル♪



っていうか、会計時、他の人の金額を聞いていると

2,3人で100元使ってないですけど・・・

うちらどれだけ食べてるのって感じです。



要するに、非常に安くてうまい店として

繁盛しているお店のようです。









最後の時間調整ということで、喫茶店へ。





最終日の後半はかなりマッタリと。

意外にかなり歩いてはいますけどね。

たまにはこういったのんびりとした時間を過ごすのもいいものです。



ホテルでガイドさん達と合流し、空港へ。

出発予定の2時間前には、当然空港に行きますよね。


空港についても、これがまたヒマに。






出発予定もこんな遅い時間なんですよ。

 






そしてさらに、









遅れてるし・・・

ってか、そもそも、まだ飛行機自体が来てないし。











結局45分遅れで、上海到着は午前様・・・






でも、45分ならまだいい方ですね。


昨日今日の旧正月の上海で、飛行機が飛ばなく

一泊したとか、9時間遅れで到着したとか。

濃霧のせいで、大幅な遅延や欠航が多かったようですね。


実は私も、旅行の移動で、その影響を少し受けました・・・

その辺のネタはまたそのうちということで。





やっと黄山旅行ネタ終了。
今も旅行に行ってたりするので、
ネタに事欠かない(笑)

上海情報はこちらから、
ポチっと!!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2014/02/01 01:07 】 | 旅行 | 有り難いご意見(0)
<<たまには『串丁』で、ひとり飲み | ホーム | 黄山旅行 その4 老街では、スリスリ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]