食べ歩き韓国14(5日目) カンジャンケジャン |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/08/19 10:41 】 |
食べ歩き韓国14(5日目) カンジャンケジャン
だいぶこのシリーズも長期化しています。
もう1か月前のネタになってしまっていますが、
根性で続けます(笑)



前回記事 


[食べ歩き韓国13(4日目) 南山ソウルタワー]


からの続きです。


前日の食べ過ぎ、相変わらずの夜更かし等で
毎度のことながら、朝寝坊・・・
いいんです。リフレッシュを目的とした
のんびりとした旅なので。



ちょっと早めの昼飯ということでこちらに。




「多味お粥専門店」

明洞にあるお店です。
前回の訪韓時にめちゃくちゃ美味かったので再訪問








多味あわび粥(15000ウォン)




連日の飲み食いで疲れた胃を癒してくれる優しい味です。
あわびと野菜がたっぷり入っていて、
あっさりとしているわりにコクもある。


朝ごはんにぴったりな食事なんですよね。
寝起きの一発目の食事なので、
ある意味朝ごはんということで。


入口や壁にはびっしりとメッセージ。
ガイドブックに載っていることもあって、
日本からのお客さんも多いです。


この後は、昨日手配したメガネを受け取りに行って、
さらに地下鉄で移動して、この日のぶらつきポイントへ







「カロスキル」というエリア

おしゃれな街並みでショップやカフェなどが立ち並んでします。
ちょっと欲しいものがあったので、ぶらつきながらショッピング。
こうやって見知らぬ街を歩くのも楽しいものです。









途中、カフェで休憩をとったりして、まったりした時間を過ごします。







ネコちゃんが♪
さりげなくこんなを出されるなんて♪


このエリアには買い物目的でもあったのですが、
次の目的地も考慮してのこと。

というか次の方が重要だったりして(笑)





ぶらつきの後には、早めの夕食へ、いざ!こちらへ








「プロカンジャンケジャン」

その名の通り、カンジャンケジャンのお店です。
今までの訪韓時に食べることが出来ていなかったので、
今回の旅では絶対に食べなければと思っておりました。
狙った獲物は逃がしません(笑)








カンジャンケジャン小(55000ウォン)


ワタリガニの醤油漬けです。








生姜とニンニクが効いた醤油ベースのタレに付け込まれた
カニちゃんがなんともまー美味い!!








甲羅の部分に溜まったカニ味噌とタレをすくって
すするとなんともとろけるお味。








ピリ辛カニ味噌ビビンバ(22000ウォン)

なんかも頼んじゃいました。
これまたたっぷりとカニ味噌が入っていて、








これは今まで食べたことがないビビンバ
海苔の風味も効いていて美味いとしか言いようがないです。








本来であれば、白ごはんを入れて食べるのが普通ですが、
ビビンバがあったので、ぜいたくにビビンバを
甲羅にぶち込みかき回します。








『ご飯泥棒』などと異名を取っているようですが、
まさしく、その名の通り、私の心も奪われてしまいました。

(カリオストロの城かw)








海苔に巻いて食べるのも、これまたよし。










お酒ははマッコリを頂いてました。
実は今回の旅で初マッコリ!!

マッコリって飲みやすくて、韓国料理には合うんだよね。
後から振り返ると、これが起爆剤になっていたんだなぁー

その話はまた続きで。



つづく





上海でもおいしい韓国料理はたくさんあります。
こちらでお探し下さい!!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/03/16 00:30 】 | 旅行 | 有り難いご意見(0)
<<食べ歩き韓国15(5日目) マッコリ飲みまくり | ホーム | 食べ歩き韓国13(4日目) 南山ソウルタワー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]