こんなに大盛況とは・・・『平成屋』 |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/06/26 05:39 】 |
こんなに大盛況とは・・・『平成屋』


人民広場近くにある居酒屋の『平成屋』

いつもの泥酔仲間(!?)と行ってきました。








1階はカウンターと小さなテーブルがあるだけの小さな間取り。
2階がメインで階段を上るとそこそこ広いお店が。






店内はなんともににぎやかな飾りつけ♪






壁の至る所も、レトロ感を出す古い広告のレプリカなどがずらり。









天井までもが賑やかな状態!!



賑やかさは内装だけではなく、実際にお客さんで溢れていました。

冒頭の写真でもあるように、外に並んでいるだけでなく、
店内の1階から2階の階段にずらーっと席が空くのを待つお客さん。

お客さんのほとんどが中国人のようです。


友人が予約をしており、先に乗り込んでいてくれたので、
長蛇の列をよそ目にスムーズに入店出来たので、ありがたい。


ただ、6名で予約、最初に来ていたのは、私を含めて4名。
残りの2名分の席が空いていることで、何度も何度も店員に

「いつ来るのか、ちゃんと来るのか」としつこく確認。

最終的には1名だけ遅れてやって来て、体裁は保ちましたが、
並んでいるお客さんの手前、少しでもさばかなきゃという店員の
気持ちが痛いほど感じる。





さて、お料理の方です。







今回はあえて中華メニューを多めに注文しています。

このお店の特徴ともいうべき、居酒屋ではあるのですが、
ジャパニーズ中華メニューが多いこと。

本格的な中華ではなく、日本の中華定食屋的な味。
食べ慣れたしっくりとして、悪くない。
どのメニューも手頃な値段で、ますます良い。











普通の居酒屋メニューもちゃんとあります。



ランチでは30元前後位で、セットが食べることが出来るようなので、
仕事場が近ければ、昼食場所のローテーションの一角を担うでしょうね。








最後にサービスのデザート。
混み合っている中でもこういったものをちゃんと出すのはいいねぇー。
いくらでも手を抜けるところなのに。




さて、お仲間とは、ここだけで終わるはずありません(笑)
まだ続きまーす。








ただし、






店の壁に貼ってあったこの格言的なものを見つけたおかげか、
この日は、特に泥酔することはなく、
無事みんな元気に、飲み切りました(笑)










話はぜんぜん変わりますが、


たまに日本に帰国したときに、各種書類へ記入する際、

「今年、平成何年だっけ?」

ってことよくありませんか?


海外居住者ならでは、「あるある」かなぁーと思って。











:::【お店データ】::::::::::::::::::::::::::::::::

  平成屋

  

  住所:黄浦区広西北路245号(×漢口路) 地図で確認
  電話:021-6352-2139
  営業:11:30~14:00、17:00~24:00(LO23:30)
  予算:120元くらい


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/07/28 01:32 】 | 食べ歩き 和食 | 有り難いご意見(1)
<<屋上テラスで夜風に吹かれながら『BARBAROSSA』 | ホーム | やっぱり美味い『薩摩酒場 竿屋』>>
有り難いご意見
無題
あるある。

今年は25年?だっけ?
【2013/07/28 09:18】 | URL | 大将 #4fb032bb6e   [ 編集 ]
Re:無題
大将さん

やはりあるよね。
たしか25年だっけ(笑)
毎回ネットで確認してから書き込みます。
【2013/07/28 16:04】


貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]