『天下一品』の名に偽りあり!!  |両ますかけ男の平凡なる日々・・・ in 上海 忍者ブログ
  • 2017.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログパーツ

【2017/06/24 17:39 】 |
『天下一品』の名に偽りあり!! 
すでにブログで書かれている方も多いようですが、
上海にOPENした「天下一品」がニセモノという話。




某フリーペーパでの広告です。
「某」って書いても、写真の右上にキャンペーンの案内が・・・(笑)

この広告に期待された方が
相当多いのではないでしょうか?



私は友達に教えられ誘われ、
OPENして1週間もたたない頃にたまたま行く機会が!!


書くのが遅くなっているのは、毎度のことですが、
こういった特ダネ系のネタは早く書かないとダメですね・・・

せっかく早く行っているのに、なんかスッパ抜かれている気分で(笑)
(いやいや、そこまでおおげさじゃないでしょ)




ということでお店は、



ロイヤルなどがあるビルです。
ビル左手の入口(エスカレータがあるところね)には、
大きな看板が!!




2階に上がって、奥の方のお店です。






メニューを見ても、「あの天下一品」の面影はなし。
普通のラーメン居酒屋のようです。


店員さんに聞いてみたのですが、

私 「ここって、あの日本の天下一品なの?」
店員「オーナーが日本人です」

私 「こってりのドロドロ系のラーメンはどれ?」
店員「豚骨ラーメンが濃いですね」


若干チグハグな回答のようですが、店員さんにしてみれば、
日本の「天下一品」を知らない可能が高いので、
この回答は正しいでしょうね。

ということで、豚骨ラーメンを注文。




うーん、期待していたドロドロ系とは、かなり違う!!






やはり麺に絡みつくあのドロドロ感はまったくなし・・・


ただし、スープ自体は、それほど悪くない。

ただ、麺がフニャフニャ
かなり柔らかく茹でられてしまっているようなので、
「固め」と注文することが出来たらいいなぁー

ラーメンとしてはちゃんと成立してますね。
(とは言っても、特徴がないのが特徴な気がする)
(なので、またわざわざ食べに行こうというほどのレベルではない)
(近くに寄った時に行ってもいいかなって感じ)


今回食べに来た仲間3人ともそんな感じの評価でした。


ちなみに、お値段の方は、40元前後の価格帯。
コストパフォーマンスとしてはどうかというと、ちょっと微妙。

恐らく、ドロドロこってり系のイメージを楽しみにして、
このラーメンを食べ、この値段だからという
期待を(悪い方に)裏切られた落差から来る評価が含まれていますね。


また、今回は単純にラーメンだけしか食べていないので、
居酒屋メニューの方は分かりません。


場所的には、
まさに飲み屋の同伴前の食事やアフターで使うのに
便利な場所でしょうね(笑)



ただ、やはり「天下一品」という店の名前は気になる。
明らかにロゴは意識して作っているとしか思えない。

ニセモノだなんだっていうのは、この際どうでもよくて。
せっかくこの名前を店名にしているのなら。
どろどろとしたあの味を出して欲しいですね。






:::【お店データ】::::::::::::::::::::::::::::::::

  天下一品

  

  住所:長寧区仙霞路345号2階(×古北路)地図で確認
  電話:021-6234-9228
  営業:11:00~翌3:00
  予算:ラーメンは40元前後

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ドロドロにこだわりすぎというのもありますが・・・
他の方の記事はこちらで
!!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

拍手

PR
ブログパーツ

【2013/12/02 20:14 】 | 食べ歩き ラーメン | 有り難いご意見(0)
<<『来(らい)』のバッテラがウマかった♪ | ホーム | 『栄日本料理(虹橋店)』でボジョレー・ヌーボーを!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿













          

           

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]